うつ病になってしまったなら|治療を受けて回復させよう

知ってほしいうつ病の治療方法
男の人

放っておいてはいけません

心の病として現代社会に広まっているうつ病は、放っておくと「寝たきり」になる可能性もある恐ろしい病気です。また、心だけでなく身体にも症状が現れるため、専門医による早期治療でうつ病を克服することが大切です。

カウンセリング

各種の療法について知る

うつ病には幾つかの治療法がありますが、そのうち中心となるのが薬物療法で、これと合わせて用いられる精神療法も重要な役割を果たしています。それ以外にも電気ショック療法や断眠療法などの治療法がありますが、薬物療法ほど多くは用いられていません。

有名な精神疾患

椅子

回復させるには

世間一般で認知されている精神疾患として有名なうつ病は、様々な要因が重なることで発症する怖い病気です。発症しないように予防も必要ですが、中には発症したことを自覚できない方もいるので、周囲の人も気に掛けなければいけません。一般的には、心と身体に影響するストレスが溜まって限界を超えた時に発症すると考えられていますが、家族の遺伝でうつ病になるケースもあるようです。以前と比べ、効果的な治療方法が増えてきていますが、予防をして発症しないようにすることがベストな方法です。うつ病の予防で、最も有効なのが生活環境を改善することですが、仕事や家族のことを考えると簡単ではありません。食事を改善し、体の中からうつ病の発症を食い止める方法が簡単に行える予防方法として知られているので、食生活のバランスが取れていない人は実行してみましょう。脳内のセロトニンが不足することで、発症しやすい体質になると考えられており、セロトニンの生成に必要なトリプトファンという物質が重要になってきます。トリプトファンは、牛肉や豚肉、乳製品や豆類などに多く含まれていますが、過剰に摂取せず、あくまでもバランスの良さが大切です。日頃から気を付けていたとしてもうつ病になることはあるので、発症したら早めに心療内科もしくは精神内科に行き、治療を始めるようにしましょう。回復に向かわせるには、休養しながら病院で治療するのが一番良いので、1人で抱え込まないようにして下さい。国民健康保険や社会保険の加入者であれば、診療代が3000円から4000円ほどで、治療に必要な薬代を含まれると1ヶ月6000円から10000円ほどで済みます。治療を続ける上で仕事を休業しなければいけないケースもあるので、そんな方は医療費を更に減額できる自立支援医療の申請をお勧めします。自立支援医療を適用することで、通常(保険加入者)3割負担を1割負担に変更することができるので、なるべく利用した方がいいでしょう。又、病気の影響で生活が苦しくなった場合、お住まいの地域の役場に出向き、生活保護制度の申請を行うようにして下さい。

男の人

心療内科を頼るのがお勧め

うつ病は心と身体に様々な症状をもたらす病気です。内科などの病院で治療できなかったら心療内科の受診を検討するのがお勧めです。待ち時間や診察環境、カウンセリングの有無など病院によって差があるため、症状に合った病院を見つけるのが大切です。

医療

薬で症状を緩和させる

うつ病の治療は薬を使うことがほとんどです。そして、徐々に薬を減らせるようにしていきます。仕事が原因の場合は休むことになるので、会社や家族などの協力なしでは治療もうまく進みません。また、期間も多少はかかります。

ウーマン

一人暮らしの療養生活

うつ病の治療に関してはサポートする人が近くにいてくれることが一番ですが、やむを得ず一人暮らしを続けながら療養しなければいけない場合もあります。その場合、薬の服薬が不規則になりがちなので医師と連携しながら服薬方法を工夫することが大事です。