うつ病になってしまったなら|治療を受けて回復させよう

ウーマン

心療内科を頼るのがお勧め

男の人

病院ごとの特徴を見抜く

うつ病は心と身体の両方に様々な症状が現れる病気です。生活に支障が出るケースも多く、学校や仕事に通いながら治療しなければならないことも少なくありません。心や身体に不調を感じたとき、ただの軽い体調不良や疲れだろうと考えずに病院を頼ることは治療の第一歩として大切です。病院を選ぶ際、一般的には不調の種類に合わせて選ぶことになります。例えば吐き気や腹痛があれば内科、頭痛があれば脳神経科などですが、これらはうつ病でもよくみられる症状です。しかしうつ病の原因は単純ではなく、さらに人間関係や仕事の悩みなどストレスも関与しているため、これらの病院へ行っても一時的に症状が軽くなるだけで根本的な治療にならないことがほとんどです。そんなときは、心因性の不調を念頭に入れ、精神科や心療内科を探すのがお勧めです。精神科や心療内科では、症状とそれが現れるタイミング、現在抱えている不安や悩みなどを聞き出し、総合的に判断してうつ病の診断を下します。問診が主となりますが、チェックシートなどを用いて心理テストのように答えていき、点数化して診断する病院もあります。頭痛や腹痛などの身体的な症状も伴っている場合も、心療内科ならそれらの症状に対する治療を並行して行うことができます。病院を選ぶ際はホームページが参考になります。心療内科を掲げる病院はたくさんありますが、医師によって得意不得意があります。話を聞きとる部分はカウンセラーに任せている病院もありますし、医師自身が詳しく相談に乗る病院もあります。前者は別途料金がかかる場合がありますが、カウンセラーと医師との連携がうまく取れていれば診察がスムーズに進み、適切な治療法が見つかりやすいです。後者は医師本人が症状も悩みも理解してくれるので齟齬が生まれにくいですが、すべての患者に対して行っていると待ち時間が長くなる可能性があります。家事や学業、仕事などの関係で待ち時間が短い方が良い場合はカウンセリングが別にある病院を選ぶのがお勧めです。症状が重いうちは、自宅から通いやすい場所にある病院が良いです。待ち時間自体が苦痛に感じる可能性もあるため、受付を済ませたら一度外に出てもよい病院やベッドなどに横になったまま診察を受けられる病院を探すのもお勧めです。